時計のオーバーホールにかかる期間は?メンテナンスの理想頻度も紹介

時計はどのくらいの期間でオーバーホールに出せばいいの?オーバーホールに出したら納品にどのくらいかかる?など、気になる疑問について解説しています。

オーバーホールの必要性や、お店に預ける前の注意点なども紹介しているのでチェックしてみてください。

時計のオーバーホールは何で必要なの?

そもそもオーバーホールとは?

オーバーホールは車でいう車検のようなもので、時計を分解して、ムーブメントに不具合がないか確認したり、洗浄、注油などをする時計の点検のことを指します。

オーバーホールは修理と混同されがちですが、修理の場合は不具合のある部分だけを直したり交換します。

その一方でオーバーホールは、細かい部品の隅々まで点検して、不具合があれば修理やパーツの交換を行うため、時計全体をチェックしてもらうことができるのです。

時計は丁寧に扱っていても、時間の経過と共に劣化してしまうもので、たとえ見た目が綺麗でも内部は摩耗していることがほとんどです。

高級時計や有名なブランドの時計だからといって、メンテナンスを欠かしていると、不具合が起きたり、故障した時に大掛かりな修理が必要になるケースもあるので、長く付き合いたい時計なら定期的にメンテナンスを出すことは重要と言えます。

オーバーホールを怠るとこんな症状が

オーバーホールに時計を出す主な目的は、部品と部品の間に入っている潤滑油の交換です。

この油は時間の経過により劣化していき、部品が潤滑に動かなくなってしまうため、時計を正常に動かすためには定期的に油を入れ替えるのが理想と言えます。

そのため、電池を交換したばかりなのにすぐに時計が動かなくなってしまったり、時間の遅れや進みが頻繁に起こるようなら、潤滑油の劣化が原因である可能性が高いため注意しましょう。

また、防水パッキンが劣化して緩くなり、時計の中にホコリやゴミが入ってしまうこともあるため、時計の内部が曇るなどの症状が出ている方はオーバーホールが必要です。

他にも、竜頭を回す時の手ごたえが軽かったり、時計を揺らすと異音が鳴るといった症状は、時計を分解して部品を調べないと原因が分からない場合もあるため、速やかにオーバーホールを依頼することをオススメします。

時計のオーバーホールはどこに依頼すべき?

時計の修理やオーバーホールはメーカーなどでも扱っていますが、4~8万円程の料金がかかるなど、費用がかなりかさむのが難点です。

そのため、高級腕時計やアンティーク時計のオーバーホールを依頼する際にも、メーカーではなく時計専門の修理店などを利用する人が増えています。

時計の修理店でも、メーカーの純正パーツを使ったり、適切な処置を行ってくれる他、オーバーホールを担当するのはメーカーの修理部門や1級時計修理技能士といった時計のプロの方たちなので安心です。

また、今はオーバーホールを郵送で受け付けている所も多く、店頭まで持ち込まなくても時計をお店に送るだけでオーバーホールの見積もりを出してくれます。

時計を梱包する梱包材や送料もお店が負担してくれる場合が多いため、余計な費用をかけずに無料で見積もりしてもらえるのが魅力です。

近場にお店が無い方や、わざわざ店頭まで見積もりを受けにいくのが億劫な方は、時計のオーバーホール・修理にオススメの専門店5選!を参考に依頼するお店を選んでみてください。

オーバーホールにかかる期間や出すタイミングを解説!

時計のメンテナンスにベストなタイミングは?

時計をメンテナンスに出すタイミングは、時計のタイプや使用頻度によって異なりますが、3~4年に一度オーバーホールに出すのが理想とされています。

また、通勤や通学時などにも腕時計を着けている方や、アウトドアでも使用しているなど、使用頻度や使用状況が過酷な場合はさらに短期間のオーバーホールが必要になる場合もあるでしょう。

完全に不具合が出て来てから修理に出せば良いと思っている方もいますが、普段から点検を怠っている時計は劣化しやすく、時計の寿命を縮ませることにもなります。

もし今使っている時計を長持ちさせたいなら、不具合を未然に防ぐためにもオーバーホールの検討をしましょう

オーバーホールが完了するまでにどのくらいの時間がかかる?

オーバーホールは、修理のように不具合が起きた部分のパーツのみを取り換えるわけではなく、一度全てを分解して細かにパーツのチェックを行います。

パーツを1つずつ洗浄し、劣化部分があれば注油や調整を行う他、パーツの交換が必要なら新たなパーツを取り寄せなければなりません。

修理店によっても異なりますが、オーバーホールの完了までに3週間~1ヶ月程かかるのが通常となっています。

メーカーに依頼するとさらに数ヶ月先になってしまうので、急ぎの方は注意しましょう。

余裕を持って依頼しておくのがオススメ

オーバーホールによって、自分では気付いていなかった不具合が見つかり、修理が必要になるケースも少なくありません。

当初の予定よりも、作業にかかる日数が延びてしまう場合もあるため、ある程度の余裕をもって早めに依頼を済ませておくのが懸命でしょう。

時計修理店の中には、2週間程で作業が完了するスピーディーなお店もあるため、急ぎのようなら対応の早いお店を選んで依頼するのもオススメです。

また、時計をオーバーホールに出している間は当然その時計は使えなくなるため、通勤や通学時などに使用している方は予め代わりの時計を用意しておくのを忘れないようにしましょう。

↑PAGE TOP